汗かきの人がモテない理由と対策法!! « 恋愛ベジタリアン

※女性の方は特に最後まで読むことをお勧めします。

よく汗をかいてしまう!!

oDE2O1zTpLUaKmZ1407479239_1407479299

夏場はおろか、冬場でも暖房の効いた部屋に入ると汗をかいてしまう・・

こんな汗かきでも恋愛はうまくいくのだろうか?

相手に気持ち悪いと思われないだろうか?

とお悩みのあなた!!

あなたのその気持ち痛いほど分かります!!

実は私も尋常ではないほどの汗かきです。あなたが想像している以上に(笑)

◎体験談

私はスマホを持つ時はタオルが必要です。手汗でびちゃびちゃになってしまいます!!

テストの時も字を書くときに答案用紙が濡れて苦労した覚えがあります!!

恋人と触れ合う時にも気を遣っていました。『ベタベタしないかな?』『気持ち悪がられないかな?』

顔からもよく汗が出ます。上半身からもです!!

小学生の頃はこれが原因で虐められていたこともありました!!

正直、最初のうちはとても恥ずかしかったです!!

周りの目が気になって仕方なかったです!!

ただ、今はそんなことも全く気になりません!!

今の私はそれなりモテます!!

恐らくは小学生のあの虐められていた頃のまま成長していては今の自分はなかったと思います!!

全然モテない男だったと思います!!

虐められていた、あの頃の私は汗に対してとても卑屈になっていました!!

『何でこんな体に産んだんだ』と母親に当たり散らしたこともありました!!

『ごめんね。でもそんな虐めてくる子達は放っといて、虐めてこない子達と楽しく遊べばいいじゃない。』

母親に言われた通り、虐めのないグループで楽しく過ごしました。

すると知らない間に虐めはなくなっていました。

その後、汗のことも誰からも言われることはありませんでした!!

あの時は気にも止めませんでしたが、今だから分かります!!

汗を気にしてウジウジしていた私は虐めやすい存在だったのだと!!

虐められていたのは汗のせいではなかったんです!!

自分の汗を気にするウジウジした性格が原因だったんです!!

モテるかモテないかもこれと同じことです!!

モテない理由は汗なんかではありません!!

汗に対して卑屈になりマイナスオーラを出してしまう自分自身にあるのです!!

«Sponsored Link»

とは言え、やっぱり気になるものは気になりますよね。

ということで、実際に私が今やっている対策方法を簡単に紹介します。

◎対策方法

①小まめに汗をふく

私は車や鞄、至る所にタオルを用意しています。

どんな時でも汗を拭えるようにです!!

清潔感も出ます。

②汗の目立たない服を着る

黒や白がお勧めです!!逆に灰色などは目立ちやすいです。

目立ちにくい服を着れば、一目で汗かきだと判断せれないため、周りの目を気にすることもありません!!

たったこれだけです!!

これだけで汗に対する嫌悪感を持つことなく毎日楽しく過ごすことができています!!

自分で言うのも何ですが私はめちゃくちゃ明るい性格です!!

これがモテる一番の理由だと思っています。

汗に対して嫌悪感を抱いてしまっているなら、是非試してみてください!!

制汗スプレーを使用するというのも1つの方法ですね。

◎女性必見!!汗を抑える方法!!

ただ、女性の場合はお化粧の関係もあり、どうしても汗を小まめに拭くというのは抵抗感があると思います!!

そんなあなたに汗を抑える方法を紹介しましょう!!

知っている人も居るかもしれませんが・・

女優さんや舞妓さんが顔から汗を出してる姿って見たことありますか?

舞妓さんに至っては、夏場でも『おしろい』をして『着物』を着て働いています!!

それにも関わらず、涼しそうな顔をしています!!

汗をかいているところなんて見たことありません!!

それは『半側発汗』という方法を利用しているからなんです!!

紐などで胸のあたりを圧迫することにより顔から汗が出にくくなる!!

簡単に言うとこんな感じです。

誰でも簡単にできる効果的な方法です!!

『半側発汗』で検索すれば、詳しいやり方を教えてくれているものが沢山あります。

汗で悩まれているなら是非検索してみてください!!

今回のお話は以上です!!

ここ恋愛ベジタリアンでは、恋愛における皆さんの『こんな時どうすればいいの?』という疑問をテーマに、

より詳しいアドバイスを日々更新しております!!その数250以上!!

あなたのもしもの時の為に『お気に入り』への登録をお勧めします!!この機会に是非!!

最後まで有難うございました(#^.^#)

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村

恋愛 ブログランキングへ

コメントをどうぞ


☆★------------ブログのアクセスにお悩みの方は必見!!!!------------★☆